ロードサービスを初めて利用してみた

アイキャッチ画像 お役立ち情報
スポンサーリンク

バッテリーが上がってしまって困ったことはありませんか。

ロードサービスの要請で一番多いのが、バッテリ上がりです。

昨日バッテリーが上がりロードサービスを頼んだ

救援車両
救援車両

山の中で車の通過はあるのですが、車が近くに来ずバッテリーをつながしてもらえないか頼めないのでどうしたものかと、困っていました。

今までトラブルらしいトラブルは、バッテリー上がりくらいで、過去にパンクが一度あるくらいでした。

私の場合バッテリー上がりは、抜けているのでまた起きるだろうといつもブースターを持っていました。

時刻は3時過ぎ、エンジンをかけてもカラカラと乾いた音がするだけでこれはダメだろうと諦めました。

原因は、トンネルの多い道でヘッドライトをつけ、駐車したときにヘッドライトをつけたまま1時間ほど止まっていたため上がってしまいました。

普通ヘッドライトをつけていると電気がついているよと赤くなっているのに気が付くのですが、昼間だったのと車両が古いのではっきり気づけませんでした。

全労済のロードサービスはどうか試してみた

自動車保険に入るとロードサービスがついてきます。ロードサービスというのは、車を運転していて困った時救助を頼めるサービスで、有料と無料と作業内容によって異なってきます。

今まで全労済のマイカー共済に入っているのですが、ロードサービスというのを頼んだことがなく、どうなっているのか分からなかったので頼んでみることにしました。

指定の電話番号に電話すると氏名、車両ナンバー、位置を聞かれました。

連絡が済、手配してくれ、救援の車両が来てくれるまで20分ほどでした。思ったほどかからず早かったです。バッテリーが上がった場所から近いレッカー移動の会社に手配してくれるようです。

来てくれて助かったのですが、その前に試しにエンジンをかけてみましたら、なんとかかってしまったのです。

上がったと気が付いた時、10分ほど待ってからかけてみたときはかからなかったのですが、1時間もたつとかかることがあるのですね。自然回復した例です。

料金は無料でした。

一度頼んでみるとこういうものかと分かってくるので、何かあった時の安心につながります。

バッテリー上がりは30分ほど待ってみる

点検中の車両
点検中の車両

バッテリーが上がると心配になって慌ててしまいますが、時間があるときは30分以上待ってみると回復するケースもありますので、待ってみるのも一つの方法かと思います。

バッテリーが上がった後の運転は、エアコンは使わず、電気を使わないよう運転しないといけません。蓄電をするためです。

前回の車検の際バッテリーを取り換えたので、まだ新しいので回復したのでしょうが、古いものですとだめかもしれません。

クリック応援よろしくお願いします。




楽天

お役立ち情報
スポンサーリンク
シェアする
老後の自由な生活

コメント