宝くじはギャンブルとは違う 本当か?

スポンサーリンク

年末ジャンボが発売されて宝くじ売り場は、夢を求めて人が詰めかけていますね。

当選確率のことを口にする人の中には、宝くじなどやめておけという人もいます。

が、運試しのために宝くじに夢を託して売り場に買いに行く人がいます。

大体高齢者です。若い人はあまり見かけません。


貰ったばかりの年金で今年最後の運試し

なかなか上に向かない、どころかしぼむばかり。

長い間買い続けている人もなかなか当たらない、といいます。

宝くじは

宝くじの当選確率を考えたらやってられないが、自分の運の強さ、引きの強さを試すためにはやってみないわけにはいかない。

体のいいギャンブルじゃないかという人もいますが、宝くじ売り場に来る人は、公営競技場で見かける人とは明らかに雰囲気が違っていますね。

ホンワカしています。宝くじが運任せの部分が大きいのにギャンブルは自分で当てなければいけません。

当たらなければ殺伐とした気持ちになります。

ギャンブルに縁のなさそうな人が宝くじだけは買いに来るのを見ると、人間というのは、何かに賭けなければ生きていけない生き物だろうかと思うことがあります。

まず宝くじ公式サイトを見てみよう

宝くじをどうにかして当てやろうと考える人の中には、買う日の運気まで占う人がいます。

当たりそうな売り場探し。

当たりそうな買い方。

そういうことを研究するのが趣味になってしまった人。

でも、没頭することはたのしいですね。



初めの一歩は、公式サイトから見てみましょう。

宝くじ公式サイトこちらです。

宝くじポイントゲットでお得に購入

宝くじ公式サイトや宝くじ売り場で宝くじを購入すると100円につき1ポイントつきます。

キャンペーンの時は、5倍になったり10倍になったりします。

宝くじのポイ活ですね。

どうしたらお得に買えるか、なんてことを考え始めたら運試しではなくなってしまいます。

宝くじの当選確率はどのくらい。

宝くじの返金率は47パーセントです(令和2年度)。

公営ギャンブルより返金が悪いと言われるが

公営ギャンブルが75パーセントの返金率です。

この返金率のパーセントだけ、見ると公営競技の方がよさそうです。

ですが、個々に買い求めた人の返金の感触からすると、そういう風には言えません。

といいますのも、公営ギャンブルの場合返金があるのは決まった人で、返金のない人はいつも返金がなく、たまにあるだけであとはいつも外れて返金がないのです。

これはどこまで行ってもそういうことになります。

まぐれでたまには、当たるでしょうが、いつも外れています。

つまりギャンブル場を後にしてお金を持って帰る人は、決まっていてなくす人も決まっているということです。

ですから一般的な返金率は当てになりません。

宝くじの場合、当選する可能性に極端に差があるわけではありません。

公営ギャンブルは、年々しりすぼみ

競馬や競輪、オート、競艇などン公営ギャンブルをやる人は、年々減ってきています。

自治体でも開催すると赤字になるので開催を取りやめるところが増えています。

税金を投入しても、無駄遣いになるのでやめるのは当たり前ですね。メリットが少なすぎます。

それに引き換え、宝くじは・・・

実は、宝くじ人口も減少傾向にあるのです。

宝くじ人口(最近1年間購入者)

平成28年 平成28年 平成25年 平成25年
5,21949.1%5,59252.6%
単位:万人

詳しくはこちらをご覧ください。

宝くじの収益はどこへ行く?

令和2年度 36.6%(2,982億円)収益金として発売元である全国都道府県及び20指定都市へ納められ、公共事業等に使われます。 (宝くじ公式サイトより)

宝くじと税金

高額当選金に所得税、住民税はかかりません。

宝くじが当たってお金を身内にあげるとき 贈与税がかかります

宝くじが当たって兄弟や親にあげたくなりますが、その時に気を付けなければいけないことがあります。

当たって当選金をもらうときに税金はかかりませんが、身内にあげるとき、贈与税という税金がかかります。

また当選者が無くなって遺産を引き継ぐとき、相続税がかかります。

まとめ 宝くじはギャンブルとは言えない

なぜなら宝くじの買いすぎで夜逃げをした人の話を聞いた事がない。

そりゃあこの広い世間で、何人かはいるかもしれませんが、たくさんはいないでしょう。

借金をして負債オーバーで、破綻した人の話を聞きません。

仕事をさぼって宝くじを買いに行く人の話を聞きません。

あれこれ考えてみますと、公営ギャンブル、パチンコなどと違ってギャンブルではないのではないかと個人的に思います。







お役に立ちましたら、1クリックをお願いします。
お手数をおかけしますがよろしくお願いいたします。


シニアライフランキング



楽天

お役立ち情報
スポンサーリンク
シェアする
老後の自由な生活

コメント