スポンサーリンク
スポンサーリンク

当サイトはプロモーションが含まれています

スポンサーリンク

当サイトはプロモーションが含まれています

60代からはじめる習い事で生き生き生活

アイキャッチ画像 老後の趣味

60代からの生き方

60代からは、今までできなかったことに時間を使えるので、懐具合を考えながら何かやってみようとお考えではありませんか。

実になるものに取り組んでみたいとお考えの方は、習い事にチャレンジして本格的に始めてみるのはいかがでしょうか。

習い事と趣味の違い

習い事は、教えてくれる先生について身につけていくもので、趣味は、自分の楽しみのために個人、もしくはグループで行っていくものだと私は思います。

習い事をきっかけに興味がわいて趣味につながる方もいます。

60代からの習い事を選ぶコツ

習い事にはここまでできるようになったという達成感が生まれ、そのことで生活に張りをもてます。


また習い事を通して今まで自分の考えていた世界とは別の考え方をまなぶことができます。人付き合いにも幅が出て、生活に潤いが出てきます。

体力的に無理の無いもの

高齢者でアウトドアのスポーツを未経験ではじめるとき、体力的に無理なくできるものかどうかの確認は大切ですね。

無理することで、けがをしたらつまらないですからね。

費用的に負担にならないもの

使える予算は限られているでしょうから、ながく続けていても負担にならないかのチェックはしておいた方がいいでしょう。


習い事なので毎月かかる金額があります。

興味があって長く続けられるもの

好きなことでないと続けられないので、続けて行けるかどうかの判断は必要ですね。

成果の確認ができるもの

成果が出ていることが自分でも分かってくると、やりがいや生きがいがでてきます。

60代のこれからはじめたい習い事ランキング

60代1000人に聞いてみた!始めてみたい!習い事(マクロミル調査)

習い事名人数
語学161人
書道・ペン字119人
楽器102人
パソコン100人
フィットネス 82人

調査主体:マクロミル
調査方法:インターネットリサーチ
調査地域:全国
調査対象:60-69歳の方
割付方法:60-64歳および65-69歳それぞれ男女を均等に回収/合計1,000サンプル
調査期間:2019年3月19日(火)~3月21日(木)

マクロミル  「60代1000人に聞いてみた!始めてみたい!習い事」


60代の女性シニアがずぶの素人から動画で稼げるようになるまでの道のり

            60代シニア一人暮らしのYouTube動画はやらせか?


おすすめの習い事

スイミング

市の運営するスポーツセンターなどで、低価格の利用料金で入場することができるのでうまく活用したいですね。


ダイエット、筋力強化、知り合いとの語らい、60代過ぎの高齢者がすごす場所にはもってこいです。

スポーツ(テニス・ゴルフ)

スポーツを通して体力強化が大切なことは、だれでもわかっていることですね。


さらに高齢になったとき、筋力の強化がされていると転倒予防につながります。


また、人とのお付き合い、コミュニケーションも楽しみになります。

楽器(ギター・オカリナ)

楽器は指の細かい動きを必要としますので、認知症予防になるとよく言われます。

また、奏でるメロディーが自分の心に届いてくるので奥底にある眠っていた心の旋律に届くとふかいかんどうにつながりますよ、。

フラワーアレンジメント・手芸

60代過ぎたころから一人で過ごすことが多くなってきたような気がします。

人と交わらなくても過ごせるようになってきたせいでしょうか、寂しいと感じるときもあります。

そういう時、一人で手づくりに熱中すると、気が晴れることがあります。

パン・お菓子作り

パンとかお菓子は自分で食べるためという意味がありますが、それ以上に誰かにうまいものを食べさせてあげたいというような目標があります。

あるいは、チャンスがあれば、腕を上げて副業を始めてみたいという希望をお持ちの方がいるかもしれません。

どこまでできるのか、60代のチャレンジになります。

料理

料理程頭を使う作業はないなあと思います。

テキトーに作っても何とか作れるし、一生懸命うまいを目指しても作れます。

同じ材料を使いながら、出来栄えに差があるのはなぜでしょうか。

いくつかの作業を並行してやりながら次の工程の準備をする。

料理は、うまく作ることよりも早く作ることの方が手際がいいと喜ばれます。

習い事を学ぶ場

カルチャークラブ、公民館、福祉施設、民間の施設。市のスポーツセンターなど。

最近は、コロナ禍でオンラインで学習、一定料金のサブスクなど出てきて、多様な学習スタイルが生まれました。

昔ながらの通信教育も活況です。

公共施設での習い事は、地域の付き合いとともに低料金で学ぶことができます。


参考記事:高齢者一人暮らしの寂しさの解消法6選

まとめ:60代からは時間に余裕が出てくる

60代からの定年後、時間にゆとりが生まれるので自覚して使わないと、退屈な毎日になる危険性が生まれます。

自分に合った、好みの習い事を見つけ、シニアライフを充実させていきましょう。

60代からの習い事のメリットは、ボケ防止になるばかりでなく、新しい人付き合いのチャンスに恵まれるということです。


60代からの習い事は、最初うまくいかなくても有効に使える時間を利用して、継続してみることです。


ウイニングランを目指してがんばれ!








いつもご購読ありがとうございます。
ゆっくりお過ごしください。


ブログライターランキング

にほんブログ村 小遣いブログ Webライター・ブログライターへ
にほんブログ村



楽天

老後の趣味
シェアする