ひとり老後の楽しみ方釣り

スポンサーリンク

一人老後の楽しみ釣りをたしなむ方がいます。

先日冬の風景写真を撮ろうと決めていたスポットに車を駐車しようとしていたところ、釣りをしに来た人とバッティングして会話を交わしました。


「釣れない!」を連発していらっしゃいましたが、気の毒なことにどこへ行っても釣れないそうです。

釣りの解禁日に2匹釣れただけ

川魚釣りに熱中する人
川魚釣りに熱中する人


そうぼやかれますと会話が弾まないのは、仕方のないことで話を聞いているほかありませんでした。


俺も写真でもやってみるかな、とおっしゃっていましたが、本気度は薄いと見ました。お愛想を言っているとわかりました。

暇だから家にじっとしていられない

やることがなくて魚釣りをやっているということでしたが、寒いのに好きでないとできない趣味です。

わさび畑で作業をしている人がいましたので私は様子を見にその場を離れました。


一回りして戻ってきましたら、先ほどの釣り人は、川沿いに釣り糸を少し垂らしては動き、少し垂らしては動きとアタリを探っているようでした。




川沿いにウオーキングがてら追ってみようかと思いましたが、暇だからと口ではおっしゃっていましたが、動きを見ると真剣でした。


邪魔をするのは悪いと思い止めました。


好きでなければできない集中力がこもった動きでした。





釣りをするのに年間6300円の入漁券が必要になります。あと餌代。

背中に入漁券を吊り下げてもぐりでないことを教えています。

老後一人暮らし楽しみ




仲間と一緒の時もあるそうですが、大体一人で行動しているそうです。

一人の方が行動に制限がないし、その日の都合で計画を変えられるのでいいかもしれません。


釣りが好きでない人から見るとひとりで黙々と釣り場探しに打ち込む姿を見て何が楽しいのか、と思います。

まあそれが趣味というやつで、やっている人間にしかわかりません。面白さにはまって次はこうしてやろうとか、反省しながら腕を上げていくその過程が楽しいのだろうと思います。


近くにはよく釣れる「釣り堀」があるのですが、1日で数千円も入場料がかかるので、定年後の年金生活者にできることではありません。


お金をたくさんかけなければ老後の一人暮らしで、釣りは、体を適当に動かし、刺激もあるので楽しみながらやる人がいますね。







お役に立ちましたら、1クリックをお願いします。
お手数をおかけしますがよろしくお願いいたします。


シニアライフランキング



楽天

老後の趣味
スポンサーリンク
シェアする
老後の自由な生活

コメント