老後の趣味はカメラ(写真撮影)がいい

スポンサーリンク

老後の趣味に何をしようか決めかねている人にお勧めしたいのがカメラです。

老後に写真撮影を趣味にする方は多いです。

写真撮影は老後の自由時間ととても相性がいいです。

高価なカメラでなくても楽しめる

写真撮影する人
写真撮影する人

写真撮影は、最初だけカメラを購入するのでお金がかかりますが、後はほとんどかかりません。

今お持ちのパソコンがあれば、都合のいい時間に写真を取り込み、整理することが出来ます。

写真撮影は、老後に始める趣味として非常にメリットが大きいです。

老後は、現役のころに比べると、自由になる時間が増えるのでシャッターチャンスを見つけることが出来ます。

老後に写真撮影を始めるメリット
  • 外に出かけるので運動になる
  • 色々頭を使う
  • 指先の運動になる
  • いい風景に出会えて人生が深まる
  • お金をかけなくて楽しめる
  • 仲間ができる

ひきこもりが防げる

風景写真1
風景写真1

写真撮影のために外に出かけて体を動かすので健康に良い。

カメラマンはシャッターチャンスを狙うため、3脚を立てたままじっと待っています。

リュックを背負っていますが、椅子に腰かけて待っているのを見たことがありません。

天気のいい日は、表で、撮影に適した場所を見つけるのにあちこち歩きますので脚力が強くなります。

最近は女性も増えました。

SNS、インスタ、ブログの影響でしょう。今日も奥さんがリュックを背負い、カメラを構えるそばでご主人は、運転手で引き出されたのでしょう、お付き合いをされているようでした。

写真クラブに参加して仲間ができる

撮影スポット
撮影スポット

写真撮影に出かけると、撮影中に撮影スポットが他のカメラマンと近づくことがあり、自然と会話するようになります。

情報交換のいい機会なので話をしますが、午前中だけ撮影して午後から整理をされるようです。

年金暮らしで行くところがない、居場所がなくて困るということがないので、毎日自由に日程を組むことができます。

交通費や、ガソリン代がかかりますが、無理をしないように考えて行動すればいいでしょう。

地域のカメラクラブに参加をすれば、腕を磨くことができ、友達も出きるのではないでしょうか。

写真の腕が上がると副収入の機会が生まれる

風景写真2
風景写真2

写真撮影の腕前が上がると、写真サイトに投稿すると売れますので収益が発生します。

また、写真撮影を依頼されますと撮影技術料がもらえます。

写真撮影は、ブログ、SNSとの相性がとてもいいです

写真撮影を趣味にしている人は、ブログやSNSを通して作品を発表しています。






お役に立ちましたら、1クリックをお願いします。
お手数をおかけしますがよろしくお願いいたします。


シニアライフランキング



楽天

老後の趣味
スポンサーリンク
シェアする
老後の自由な生活

コメント