思い出の大衆食堂 ”どや!”昭和の香りがする大衆食堂

スポンサーリンク

J:COMの「どやメシ紀行」という番組をご覧になったことはありますか。

僭越太郎さんというブロガーが、自分の気に入った飲み屋や食べ物屋に行って

うまいものに出会うと、ドヤ! とカメラに向かってジョッキをかざしたり、



皿を持ったりして愛想を言う人気の番組です。



「どやメシ紀行」

「どやメシ紀行 YouTubeチャンネル」



僭越太郎さんの「どやめし紀行」は終わったのでしょうか

オムライス
オムライス


この番組が長く放映されたのは、ブロガーの僭越太郎さんのキャラクターの親しみやすさと訪れるお店の雰囲気がいいことです。


私は、You Tubeで見ることが多く時々思い出してどうなったのかな、いい店はあるかなと楽しみにしていましたが、80回を過ぎたあたりから放映のスピードが落ちたように思います。


紹介されるお店は、大阪、京都、和歌山と関西地区が中心で、大衆的で個性的なお店が多いです。


お店のお酒の紹介、おすすめ料理の紹介が済んで帰り際、「どやメシ紀行」のステッカーを貼り、お店の店主と締めに どや! と叫ぶんが印象的です。


飲みすぎた時は、赤い顔になっていますので楽しかったことが分かります。

「どやめし紀行」で印象に残ったお店

アジフライ定食
アジフライ定食

私の一番印象に残ったお店は、 33番の銀シャリ屋 ゲコ亭【大阪・堺】 です。


一度は行ってみたいお店で大阪堺にあります。


このお店のご主人は、「飯炊き仙人」として有名人で、米を炊かせたら並ぶものがいないほど炊いた飯がうまい、そうだ!


朝8時から営業して閉店が14時。並んでいる料理を見るとおふくろの味というような感じです。



昭和の香りのする定食屋、食堂という印象です。


僭越さんがお代わりばかりしていますね。やたらうまそうな定食屋さんです。


ちょっと私には値段が高いかな。でも食べる機会があれば頑張ってみる。


といいましたが、この親父さんのお店は閉店したそうです。残念だ!


後発のお店が「堺銀シャリゲコ亭 天六食堂」という名前で


50年飯を炊いていた、”めし炊き仙人”の親父さんのあとは、「堺銀シャリゲコ亭 天六食堂」という名前で営業しています。


メニューを見るとそんなん高い感じはしないですが、今はどうなのでしょうか。


「堺銀シャリゲコ亭 天六食堂」の口コミは、次のブログをお読みください。


【閉店】「飯炊き仙人」のノウハウを継承する「堺銀シャリゲコ亭 天六食堂」


長く営業するにはコツがあるのかな


この親父さん、めし炊き一筋のように見えますが、親父さんの炊いた飯と合う料理が、またうまかったのではないでしょうか。


長い間やって行くうちにお客さんが好んで注文するもの、新しくメニューに加えたもの、下げたもの、いろいろ工夫をしながらやってきたことでしょう。


おかずはどうでもいい、飯がうまければという声は、聞きますね。


米どころで育った人は、そうでしょうね。



こういう番組を見ると関西にあこがれますね。ぶらりと旅に出たい気がします。








お役に立ちましたら、1クリックをお願いします。
お手数をおかけしますがよろしくお願いいたします。


シニアライフランキング



楽天

老後の生活
スポンサーリンク
シェアする
老後の自由な生活

コメント