スポンサーリンク
スポンサーリンク

当サイトはプロモーションが含まれています

スポンサーリンク

当サイトはプロモーションが含まれています

Webライターまたはブログ?初心者におすすめのスタートはどちら 

アイキャッチ画像 老後の仕事



老後で時間が自由になったけど、在宅で仕事を始める場合、Webライター とブログどちらを優先して取り組めば稼げるのでしょうか、そんな疑問をお持ちではないですか。

ブログはなかなか稼げないと聞くし、Webライター も稼げないと聞くけどやるとすればどちらを先にすればいいのだろう。

お答えします。

もしWebライターをやるのに抵抗がなく、初心者、未経験者の場合、Webライターから先に始めたほうがお得です。

と言いますか、失敗しないですみますよ。

なぜWebライター から始めた方がいいのか

副業イメージ画像

私の場合、何も知らない未経験でブログを始めましたが、ブログの基礎を覚えるのに結構な時間がかかります。

その基礎の中に、記事を書くということが含まれていて重要な役割を果たしています。

これから始める方は、ブログの方にも意識を向けつつ、Webライター からはじめて見るのが、良い方法だと思います。


ブログで収益を手にするのに時間がかかります。少しでも収入があれば、モチベーションを維持することが出来ます。

ブログとは

PV操作をする女性

ブログは、個人の意見や情報を発信するウェブサイトです。

自分の興味や専門知識に基づき、記事を書いて公開することができます。

ブログは自由なテーマやスタイルで書くことができるため、自分自身の声を大切に表現することができます。

また、読者とのコミュニケーションや意見交換を行うこともできるため、コミュニティを築くことも可能です。

ブロガーの中には、読者との交流を楽しみにブログを続けている人もいます。

ブログの場合
項目ブログ
初期費用が掛かるひと月1、000円くらい×
稼げる時期稼げるまでに時間がかかる×
仕事のやりやすさ自分できめることができるので気楽
スキルが身につく速さ個人差がある
わからないことは?自分で調べる×
孤独さ稼げない人は相当孤独×
仕事の資産性ある



Webライターとは

PC作業をする女性

 Webライターは、他人のために記事やコンテンツを制作する仕事です。

クライアントの要望に応じて、記事や広告の制作を行います。

依頼されたテーマやジャンルに関する調査や情報収集を行い、それを元に記事を作成します。

文章力や調査能力が求められるため、幅広い知識やスキルが必要です。

Webライターは自分の声ではなく、クライアントの意図やニーズに合わせたコンテンツを制作するため、柔軟な表現力が求められます。

Webライターの場合
項目Webライター
初期費用が掛かるかからない
稼げる時期仕事をして引き出せる金額になれば
仕事のやりやすさ指示書通り行う
スキルが身につく速さ手直し、講評など貰えるので早い。
わからないことは?聞くことが出来る
孤独さ多少コミュ二ケーションが発生する
仕事の資産性ない×



私の個人的な見解を書き連ねたものですが、ご覧のように「ブログ」と「Webライター」では、収入を手にする時期が全く違います。

ブログとWebライターの違い

ブログとは、インターネット上で自分の意見や情報を発信するためのウェブサイトです。

自分の興味や専門知識に基づき、記事を書いて公開することが特徴です。

ブログは個人の意見や情報を発信するため、自由なテーマやスタイルで書くことができます。

また、ブログは自分の意見を表現するための場としても利用され、読者とのコミュニケーションや意見交換を行うこともできます。

一方、Webライターは、主に他人のために記事やコンテンツを制作する仕事です。

企業やウェブサイトのオーナーから依頼を受けて、記事や広告の制作を行います。

クライアントの要望に合わせたコンテンツを作成するため、文章力や調査能力が求められます。

また、Webライターは多様なジャンルやテーマに対応することが求められるため、幅広い知識やスキルが必要です。

ブログとWebライターで身につくスキルの共通点

身につくスキル
  • キーワード選定能力
  • SEO対応のスキル
  • 文章力と表現力
  • リサーチ能力
  • 編集力

Webライターとブログに必要なSEOの知識

Webライターにはブログと同じくSEOの知識も求められます。

依頼主の要望やターゲット読者に沿った記事を書くため、効果的なキーワードの使用やコンテンツの最適化が求められます。

依頼に合わせたテーマやスタイルで文章を書かなければならないことも多いため、自分の個性を発揮する機会は限られるかもしれません。


低単価で苦しむことでしょうが、「Webライター」で身につけたことがブログに生かすことが出来ますので、将来的にはメリットになります。



「Webライター」はもういい、ブログをソロソロソロやってみたい、と感じた時ブログ運営を始めてみるのが良いでしょう。

何時でも始めることが出来ますよ。

「ブログ」の場合、自分で商品を販売できる力ができるまで収益化することが出来ません。

まず、ブログがおすすめな人です。

ブログは自分のアイデアや情報を発信できる場として、多くの人に支持されています。

それとともに収入を手にするまでのスキルの身につけ方が、Webライターの場合は、お金を使わなくても依頼主や案件によって、助力が得られやすいです。

ブログの場合、お金を使わなければ、独力で学んでいかなければなりません。

このように初心者で、未経験者の場合、Webライター から始めたほうが圧倒的に有利だと私は 考えます。

ブログがおすすめな人

ブログとWebライター、どちらが初心者におすすめのスタートなのでしょうか?


ブログとWebライターは、どちらも文章を書く仕事ですが、仕事内容や向いている人の特徴が異なります。

ブログがおすすめな人
  • 文章を書くことが好きな人
  • 自分の考えや知識を共有したい人
  • 長期的な視点で収益を得たい人

文章を書くことが好きな人

ブログの魅力は、自分の興味や得意な分野に特化した内容を発信できることです。

趣味や専門知識がある方は、それを活かして自分独自の視点で記事を書くことができます。

自分の考えや知識を共有したい人

ブログは創造力を発揮できる場でもあります。

文章や写真、動画など、自分の表現方法を自由に選ぶことができます。

自分の個性やスタイルを反映させることで、読者とのつながりを深めることができます。

長期的な視点で収益を得たい人

ブログは初めて収益化するまでに時間がかかることが問題点です。

収益化までの期間は6か月以上かかることもあり、初期段階では収入がほとんどない場合もあります。

そのため、即金性を求める方には向いていないかもしれません。

ブログは、ストック収入(資産性が高い)の一つと言われています。

自分のコンテンツがある程度蓄積されれば、将来的に収入を得ることができます。

つまり、ブログはじっくり時間をかけてコンテンツを育て、長期的な収益を得たい人におすすめです。

Webライターがおすすめな人

一方、Webライターがおすすめな人もいます。Webライターは他の人や企業の依頼に応じて記事を書くお仕事です。

Webライターがおすすめな人
  • 文章を書くことが得意な人
  • 納期を守って仕事をこなせる人
  • 収入を早く得たい人

Webライターの魅力は、即金性があることです。

依頼があればすぐに仕事を始めることができ、報酬も即座に受け取ることができます。

なので、収入を早く得たいという方には向いています。

ですが、「Webライター」の場合は、仕事を納品して、支払時期かあるいは作業量がまとまればお金になります。

文章を書くことが得意な人

Webライターは様々なジャンルやテーマの記事を書く機会があります。

幅広い知識や文章力を養うことができるため、ライティングのスキルアップにも繋がります。

文章を書くことが得意な人に向いています。

納期を守って仕事をこなせる人

Webライターは、クライアントから依頼された内容に沿って、Web記事を執筆する仕事です。

そのため、文章を書くことが得意で、納期を守って仕事をこなせる人におすすめです。

収入を早く得たい人

Webライターは、収入を即座に得ることができるため、自分のスキルを活かして短期間で収益を上げたいという方におすすめです。

初心者Webライターは報酬単価が低いことが多いです。

そのことを理解したうえで、多くの依頼をこなして収益を上げる必要があります。

両方一緒にやってみる

どちらを選ぶべきか迷った場合、ブログとWebライターを同時に始めることもおすすめです。

ブログに記事を書くことで文章力や執筆経験を積み、同時にクラウドソーシングサイトでの仕事に取り組むことで即金性を持たせることができます。

また、ブログとWebライターのスキルは繋がっているため、両方を同時に行うことでスキルアップと収益アップが見込めます。

Webライターからやってみる

ブログを立ち上げて収益化するということを目標にして、慣れるまではWebライターをしながら、勉強して収入を得るというのがいいと思います。

Webライターをやりながら、文章をかくことを覚えていくのが近道だと思います。

ブログを始めるのは、慣れてから始めてもよいでしょう。

結論初心者、未経験者はWebライター から始めるのがおすすめです。

Webライターを始めるには、クラウドソーシングと言って、仕事を依頼する側と受注する側との間に入って、調整する役目のがあります。

受注する側は、このクラウドソーシングに登録して仕事をうけます。

クラウドソーシングはいくつかありますが、大手のクラウドソーシングは、

クラウドワークス

日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」






いつもご購読ありがとうございます。
ゆっくりお過ごしください。


ブログライターランキング

にほんブログ村 小遣いブログ Webライター・ブログライターへ
にほんブログ村



楽天

老後の仕事
シェアする